スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
魚は“獲ってすぐの処理”がおいしさのきめて! ~その2~
2015 / 02 / 06 ( Fri )
獲った後の処理で鮮度が格段に違ってしまうのがわかりました。

ヤマボシは魚を
「海の恵みとして大切に処理していく」がポリシー

鮮度を落とさないよう
身質の良いものをサク取りして
私たちに提供してくれています。

ヤマボシの みさきさん
DSCF2494 (200x151)

私たちが説明を聞いている間
かつお・めばちまぐろ・びんながまぐろを鮮やかに切ってくれました。

DSCF2502 (300x225)
DSCF2509 (300x225)

見事な お造り!

DSCF2511 (300x225)
スタッフのみなさんが前日から作って下さった
「さつま汁」
昆布・かつおの出汁で 具がたくさん!

DSCF2514 (300x225)

おいしくって、温まりました~

川口支部のみなさん
大変お世話になりました

(のあ)
スポンサーサイト
08 : 36 : 43 | 料理 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
魚は“獲ってすぐの処理”がおいしさのきめて!
2015 / 02 / 05 ( Thu )
    おいしい刺身の『ヤマボシ』生産者交流会
                 2015年2月3日
                 生活クラブ川口支部主催
                 於 戸塚西公民館

静岡県焼津市から埼玉に来てくれた
㈱ヤマボシ 代表取締役 服部芳明さん

「魚はどこで買うのも同じ」ではない!

 ・鮮度が良い 
 ・色目の良い
 ・おいしい
この3つが揃わないとダメ!

その為にヤマボシでは
 日本船
 凍結の良い船
 船歴の新しい船
できれば塩釜、石巻。
品質を重視する船長の船を選んで仕入れている。

なぜか?

外国は生で魚を食べる習慣が無いので
処理がアバウト
だから外国船は魚を獲ってからの処理が遅い所が多い。
しかも中古船が多いから冷凍が不安定。
さらに原油が高いので冷凍機を部分的に止めている船もある。
冷凍してしまえば、解かさなければわからないとな・・・。
それらはスーパーとかに安く卸されるようです。

私たちがスーパーとかで買ってきて
色変わりがしたり、ドリップが異常に出るものだったら
外国船で獲ったものかも
それを補う為に魚油・酸化防止剤とか.を入れてお店に並べる…「ねぎとろ」とか。
買う前にパック裏の表示を見ましょう。

切り落とした魚の尾の断面
冷凍で焼津から持ってきて、会場で解凍
DSCF2497 (300x225)
右:鮮度が落ちてしまったもの。
左:獲ってすぐに血抜きして“急速冷凍”きれいな赤身、鮮度バッチリ!
これを生活クラブにお届けします


11 : 02 : 02 | 料理 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今さら聞けない! お魚のさばき方 ~その2~
2015 / 01 / 17 ( Sat )
お次はさんまの刺身

冷凍さんま
DSCF2454 (300x225)

頭を右に置いて、頭を落とす。
腹を向こう側にして内臓ごと切り落とす、
DSCF2440 (300x225)

背骨に沿って包丁を入れ
尾の方から3枚おろしする。
もう片面も同様にしておろす。

腹骨をそぎおとす。
DSCF2445 (300x225)

端から切っていき、盛り付ける
DSCF2450 (300x225)

では、やってみましょう!
DSCF2452 (300x225)

お待ちかねの試食
さんまやいかが
こんなに口の中でとろけるくらいおいしいとは思いませんでした。
DSCF2460 (300x225)

ポイントは、解凍しきらないうちにさばくこと。
DSCF2455 (300x225)

さばき方を忘れないうちに注文して
わが家の食卓に出します!

谷田さん 浦和西支部のスタッフのみなさん
ありがとうございました!

(のあ)
14 : 04 : 37 | 料理 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今さら聞けない! お魚のさばき方
2015 / 01 / 16 ( Fri )
2015年1月16日 生活クラブ埼玉本部にて
川口ブロック 浦和西支部のキッチンスタジオにお邪魔いたしました。

本日のスケジュール↓
DSCF2417 (225x300)

まずはこのイカをさばいて刺身にします。
DSCF2421 (300x225)

◆手順◆
DSCF2416 (300x225)

半解凍で作業します。
調理するちょっと前から袋ごと水に浸けておいて
あとは洗いながら解凍していきます。
前日から準備しなくて大丈夫(^_-)-☆
DSCF2419 (300x225)

内臓を傷つけないよう、中心に包丁を入れる
DSCF2422 (300x225)

本体から肝を傷つけないように切り外す。
肝から墨袋を破かないように取り除く。
足は開いて嘴・目等を取り除く。
DSCF2423 (300x225)

エンペラをはずす。
皮を剥がしていく。
DSCF2426 (300x225)

胴部分を横に3等分する。
端から細切りにする。
DSCF2430 (300x225)

肝をしょう油に浸けて、刻んだ足と和えたものを一口ずつ試食
DSCF2435 (300x225)

次回は「さんまの刺身」

(のあ)




22 : 31 : 52 | 料理 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今年のクリスマスの主役は“ごはん”!
2014 / 11 / 25 ( Tue )

クリス☆ライス パーティ
                  
11/12(水)蕨市立旭町公民館くるるにて
蕨モグモグキッチン クリス☆ライスパーティが開催されました。

今年のクリスマス料理の主役にお米、「遊YOU米」を据えて、すべてにお米を使ったメニューをラインナップしました。

・簡単パエリア
・野菜のポタージュ
・ライスプディング   の3品です。

今回は組合員が10名、おともだちが10名とフレッシュな顔ぶれで賑やかに料理を進めました。

簡単パエリアは、消費材の“パエリアの素”を活用して炊飯器にセット。
その間に野菜ポタージュにとりかかります。
DSCF2310 (300x221)

ほうれんそうやたまねぎをベースに煮込み、とろみづけとしてごはんを使います。
味付けは塩のみ。
DSCF2309 (300x214)

冷めてからミキサーにかけて野菜の甘みがたっぷり!鮮やかな緑のポタージュが完成しました。

ライスプディングは牛乳とごはん、お砂糖をお鍋に入れてゆっくりと煮込み、冷蔵庫で冷やします。
仕上げのトッピングは刻みチョコレートとシナモン、しょうが糖です。
DSCF2308 (300x225)

チョコの甘みとシナモンの香り、しょうが糖のカリカリした食感が絶妙でした。
DSCF2318 (300x225)

パエリアの炊きあがりに合わせて、鶏ももとパプリカを炒めて添えると豪華なパーティ料理に!
DSCF2311 (300x225)

それぞれのテ ーブルでは初めての顔合わせの方々も多かったのですが和気あいあいと幅広い年齢層でおしゃべりするのも新鮮だったようで、みなさん楽しそうでした。

大人はもちろんのこと、託児から戻ってきたこども達が口々においしい!と声をあげながら食べていたので、本当にこどもの味覚は正直にできているなぁと感心しました。

特に口の周りいっぱいに緑色にしてポタージュをほお張っている赤ちゃんが印象的でした!

すっかり馴染んだ外国由来のイベント“クリスマス”もニッポンのお米が活躍できると再確認した1日でした。

(ririka)
21 : 10 : 19 | 料理 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。