スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
生活クラブの牛乳びんが展示(^_^)v
2013 / 12 / 14 ( Sat )
エコプロダクツ2013 東京ビッグサイトにて

1312牛乳びん

東洋製缶グループのブースに
「軽量ガラスビン」で展示されていました。

(のあ)
スポンサーサイト
08 : 42 : 10 | 環境 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヘチマで緑のカーテン
2013 / 09 / 10 ( Tue )

5月に苗を買ってきたヘチマです。

13ヘチマ (200x150)

今年は一株だったので、いまだ日除けにならないのですが
IMG_5749 (300x225)

先日の雷雨には、大きな葉っぱが雨を遮ってくれて
ヘチマのある窓には雨が吹き込みませんでした。

13雨よけ

最近、部屋の中に日差しが差し込むようになりました。
まだ5cmずつ毎日成長して葉も大きくなっているので
強い秋の日差しを遮ってくれることでしょう(^_-)-☆

(のあ)
06 : 00 : 23 | 環境 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
おじゃましてきました ナチュラルクリーニング♪
2013 / 03 / 09 ( Sat )
『おそうじ・お洗濯が楽になるナチュラル・クリーニング講座』

2013 年2 月23 日 13:30~15:30
川口市立並木公民館1F 調理室

主催:生活クラブ生協埼玉
   川口支部チームカンガルー

せっけん勢揃いa



最初に
なぜ石けんがいいのかDVDで「アジの実験」を見ました。

アジのいる2つの水槽。片方には合成洗剤、片方には石けんをいれる。

合成洗剤の水槽のアジは水から脱出しようとして水面でもがき苦しみ死んでしまう。
酸素を取り入れるエラの細胞が破壊されてしまうため

石けんの水槽は、石けんカスで水が白濁している。しかしアジは石けんカスを食べなが
ら悠々と泳いでいる


次にいよいよ〈お掃除実演〉

1:魚焼きグリル
使用前a

手羽先を焼いてきた魚焼きグリル、かなり油がギトギト

ボロにておおざっぱに汚れをふき取り
   ↓
ビニールを張ったシンクにお湯を入れる
   ↓
重曹を振りかける
   ↓
洗浄中a
お湯をかける
   ↓
放置(その間、靴下予洗い)
   ↓
水洗い(普通のスポンジ使用)

使用後a

ギトギトがすっかりなくなりました。


2:靴下予洗い

せっけんはよく汚れが落ちるが、
靴下や襟元などは洗濯機だけでは落ちないことがあるため、
予洗いをしてから洗濯機に入れることをお勧め。

面倒に感じるかもだが、
小さめの洗濯板+固形せっけんを使うと簡単にできると紹介。

洗濯板a

汚れた子ども用のピンクの靴下にて実演。
固形せっけんをこすりつけた後、洗濯板にこすり付けて洗う。
その後水洗い。家でやる時はこのあと洗濯機に投入!


よごれが酸性かアルカリ性かいよって、落とすために使うものが違うことを説明
 
 ・アルカリ性の汚れ(油汚れ、茶渋、手垢など)
  ⇒ 酸性の(クエン酸等)

 ・酸性の汚れ(せっけんカス、水垢、尿、鍋内側の黒ずみなど)
  ⇒ アルカリ性のもの(重曹、炭酸塩、せっけん等)を使う。

  
ポイントは逆の性質のものを使って

「中和」してあげること!!

お酢などの酸性のものはせっけんの泡を壊してしまう。
だから皿洗いの前にふき取っておいてあげると、せっけんの泡立ちが保たれる。

あと、
場所別おそうじ方法&洗濯方法の話がありました。

講座終了後はみんなでティータイム
手作りスコーン&マーマレードをいただきました



※チームカンガルーは「30 代~40 代の子育て世代を中心として、からだや環境に優しい生
活をめざし、消費材やせっけんについて勉強したり、生産者交流会や講座を開いています。」


参考資料 DVD「ほんとに安全?合成洗剤」(株式会社シーズビジョン制作、価格2700 円)

(SAWAKO)

09 : 00 : 00 | 環境 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「ゼッタイこれだけは守って!携帯電話」
2012 / 06 / 25 ( Mon )
地域で子育て 老い 健康を考える
エッコロひろば
2012年6月24日 14:30~15:30
於 旭町2丁目町会会館


ネットアドバイザーの資格を持つ
蕨支部の内藤さんが
子どもに携帯電話を買う前に
絶対知っていてほしいこと
をお話してくださいました。

今は
ゲーム機からもネットにつながるもの
が出回っています。
〈DS-i〉とか〈PSP〉で遊んでいると思っていたら
危ないサイトに入って巨額の請求が来てしまった。
親にも言えず、引きこもってしまった
なんてこともあるとか…(-_-;)

固定電話しか通信手段が無かった時は
家の人が掛かってきた電話で
子どもの交友関係とかわかったけど

今は、子どもの携帯電話に直接かかってきちゃう!

いわれのない誹謗中傷にあっている。
家の人が寝静まってから
夜中に呼び出されて出かけて行く子もあるそうです。

親が子どもを守るには…
次回へ 

(のあ)
09 : 21 : 43 | 環境 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
子どもたちのヒバクを避けるために
2011 / 05 / 26 ( Thu )
5月24日 世田谷の生活クラブ館にて
講師 原子力資料情報室 渡辺美紀子さん

ただちに影響はないってホント?
低線量のヒバクが長期化すると危ないって聞いたけど?
外遊びさせて大丈夫なの?
食品や水道水は大丈夫なのかしら…

という若いお母さん達の声に
これから長く続く
“食品の放射能汚染”にどう向き合うか
子どもたち 若い人たちをどうヒバクから守るか
をテーマにチェルノブイリの経緯を例に
質疑応答も交えたっぷり2時間お話くださいました。

まず放射線量
どんなに低くても
安全だという値はない

1ミリシーベルトが一つの細胞にピッと1本通過したら
5ミリシーベルトはその5倍が細胞を遺伝子を傷つけます。

わずかの線量でも毎日傷つけられていれば
遺伝子の修復の過程で変異ができてしまいます。
変異が増殖していって何年、何十年後
発ガンのリスクは上がる。
ガンにならなくても
免疫力低下、発達障害の恐れがある。
チェルノブイリから25年経って
健康でいられた子どもは
1万人中7人
しかいなかったそうです 

事故当時
胎児だった子どもは元気に成長しているかしら?
女の子は胎児の時に すでに卵子が作られているという。
その卵子が傷ついたら…?

子どもたちの幸せをひたすら祈ります

08 : 25 : 29 | 環境 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。