スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
家計見直しセミナー 第1弾
2014 / 08 / 31 ( Sun )
家計見直しセミナー 3回シリーズで開催

第1弾は「わが家の教育費」
ご都合のつく方、ぜひお越しください。

img022 (400x283)

日時:9月3日(水) 10:00~11:45
場所:蕨市立旭町公民館 1階 小会議室
    蕨市中央1-23-8 (JR蕨駅西口徒歩3分)

参加希望の方は、資料の準備がありますので
下記宛てご連絡ください。

〈申込み・問い合わせ〉 
 生活クラブ生協 川口センター 担当:野村
  TEL 048-286-6911
  FAX 048-286-6915

〈地図〉
img023 (400x279)

託児申し込みは締め切らせていただきましたが
お子さん同伴でも受講できます。
スポンサーサイト
15 : 18 : 27 | ライフプラン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夏休み親子わくわくクッキング 感想編-その3-
2014 / 08 / 16 ( Sat )

お団子が出来た頃、冷蔵庫で冷やし固めていた杏仁豆腐も完成し、フルーツと一緒に杏仁豆腐も盛り付けます。この杏仁豆腐、生活クラブの牛乳たっぷりでとっても美味しかったです!暑い夏にはひんやりデザートが嬉しいですね(*^o^*)

DSCF1605 (300x225)

自分たちで切ったり炒めたりした野菜スープと、一生懸命捏ねて丸めたお団子、牛乳味が美味しいひんやり
杏仁豆腐に子供たちも嬉しそうでしたo(^▽^)o

DSCF1606 (300x225)

ママたちはと言うと…子供とのお料理に少々ぐったりしながらの後片付けでしたが、初めから上手に出来ないのは当たり前ですよね。こういった経験を繰り返しながら、お料理や食材に興味を持ち、どんな風にママが作ってくれているのか、その食材は誰がどんな風に作ったものなのか、考えられる子供に育って欲しいなぁと思いました(*^_^*)
また、そのように育てるのは私たち次第なのだなぁとも感じ、次の世代を担う子供たちにどんな食文化を伝えたいか、もう一度考えるきっかけになりました。

DSCF1619 (300x225)

私の息子は託児室で途中からぐずり出し、中盤からはおんぶでお料理したのですが、こうやってママの背中でいろんなことを感じたり覚えたりしていくのかなぁと思うと、『ちゃんとしたもの』を、息子にも息子以外の子供たちにも残していかなければと強く思いました。どんなものを選ぶか、食べ物やエネルギー、着るもの、使う道具、見せるものなど、親である私たちの『選択』が問われ続けるのだと思います。
-おわりー

(Kan☆Tockey)
00 : 40 : 41 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夏休み親子わくわくクッキング 感想編-その2-
2014 / 08 / 13 ( Wed )
スープが良い感じになって来たところで、お団子作りもスタートです。炊いたご飯と少しの片栗粉をポリ袋に入れ、モミモミ…これには子供たち全員が夢中です!何と言っても楽しいですからね〜(*^o^*)ご飯が炊きたてで少し熱かったので、となりのグループのママさんのアイディアでポリ袋をタオルでくるむと熱くなくなり、しっかりモミモミ出来ました!なるほど〜(° O° )
子供たちがご飯をモミモミ、お団子にしてくれている間に、みたらしのタレと胡麻味噌だれを作ります。
みたらしは素精糖とみりん、お醤油をお鍋で煮詰めるのですが、粗精糖が多くとっても焦げやすいので、弱めの火でよーく混ぜます。ここで年長さんたち、木べらでお鍋を混ぜるのを手伝ってくれました(*^_^*)味見をしつつ、火加減も「もっと弱くしようか」とか「少し強火にしよう」など調整しながら混ぜてくれます。普段、ママがお料理する姿をよく見ているんだろうなぁ〜と感心してしまいます( ´ ▽ ` )程よく煮詰まったらみたらしダレの完成です!

胡麻味噌だれの材料は年中さんと3歳くんが混ぜまぜしてくれました。お料理に興味を持つことってとってもいいなぁと改めて実感。

もう一つのカボチャあんは、モミモミしたご飯のポリ袋に茹でたカボチャを直接混ぜ、さらにモミモミします。ポリ袋入りだと子供たちも扱いやすいですし、洗い物も少なく済むのでママも大助かりですね☆ただ、あまり強く揉むと袋が破けてしまうので、程よい力加減がポイントです。それも含めて子供と一緒にやるのが楽しいですね(^O^)

モミモミしたご飯は、お団子状に丸めます。手にお水を付け、食べやすい大きさに丸めるのは子供たちが上手です。丸めたお餅は軽くフライパンで焼き色を付け、みたらし、ごまみそ、カボチャの三色団子の完成です!
(Kan☆Tockey)

~次回つづく~
00 : 33 : 47 | 料理 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夏休み親子わくわくクッキング 感想編
2014 / 08 / 10 ( Sun )
先日の親子クッキングに参加して来ました!
とは言っても、私の息子はまだ7ヶ月半でまだ一緒にお料理は出来ないので託児をお願いし、お料理は私だけだったので「親クッキング」でしたが(笑)

チラシを見た時から気になっていたイベントですが、なにせ息子が小さすぎるので参加を諦めていました。しかし、いつも配達に来てくださる野村さんから「託児もありますから是非どうぞ(*^_^*)」と お誘いいただき、参加させていただくことに。
(生活クラブの託児サービスには、本部での勉強会や生産者交流会なとで度々お世話になっていますが、いつも本当に助かっています!ありがとうございます。)

お料理のメニューは「残りご飯でだんご三兄弟」「野菜のスープ」「杏仁豆腐」の3品です。
私のグループは年長さんの男の子、女の子と年中さんの女の子、3歳の男の子とママたち三人の7人。
年長さん二人はママに教えてもらいながら初めて包丁で人参とピーマンの細切りに挑戦!安全に注意しながら、とっても上手に野菜を切ることができ、本人たちも得意気です。「いっつもママのを見てるから出来るよ」と女の子(*^_^*)
次は切った食材をお鍋で炒め、スープにするのですが、お鍋にオリーブオイルをもらうのは年中さんと3歳くんの出番!二人でお鍋を抱えて「オリーブオイルください!」と、行って来てくれました。
お鍋でお野菜を炒めていると、年長さん二人は「私もやりたい!」「僕もやりたい!」と、代わる代わる手伝ってくれます。小さいうちからこんな風に自然に一緒にお料理するのは良いもんだなぁ〜としみじみ( ´ ▽ ` )♡私も息子がもう少し大きくなったら是非料理男子に育てたいものです(笑) 
(Kan☆Tockey)
-次回つづく-
13 : 26 : 41 | 料理 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夏休み親子でわくわくクッキング
2014 / 08 / 05 ( Tue )

               7月30日 於 蕨市立旭町公民館

夏休みともあって、赤ちゃんから小学生まで大勢の親子連れで始まる前から熱気ムンムン!
子供たちはエプロン&三角巾姿になって気合い十分 です。

今回のメニューは「ご飯で簡単、だんご三兄弟」「野菜スープ」「杏仁豆腐」の3品でした。
DSCF1608 (300x225)

アツアツのご飯をビニール袋に入れてコネコネ。それを一口大に丸めてお皿に並べていきます。
最初は「手がベタベタ~」とイヤがっていた子供たちもたくさんのおだんごを作ってくれました。
味付けはかぼちゃ・みたらし・ごま味噌。タレの香ばしい香りが部屋中に広がっていました。
DSCF1618 (300x225)

野菜スープ作りは小学生の子供たちも交替で積極的に野菜を切ってくれました。
お団子はみんなそれぞれ「みたらし美味しいよ!」「かぼちゃも食べてみよう!」と味比べをしながら楽しくいただきました。
野菜スープは口を揃えて「野菜美味し~い」としみじみ。

杏仁豆腐は初めて食べましたがとって もクリーミーで優しい味!トッピングのみかんと桃の味が引き立っていました。

これだけ幅広い年齢のみなさんで協力しあって食事を作り、美味しくいただけてとても楽しいひとときを過ごすことができました。

(ririka)
08 : 19 : 26 | 料理 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。